ズバッとズキューン!のQ&A

わかりやすさと、ハートにズキューン!ってくる衝撃の、両取りを試みたQ&Aです。

Q.飽きるのは自然ですか?

A.自然すぎる、大自然だよ!

物事は必ず安定する様にできているんだ。自然界は、人間が手入れをしなくても、
生物は増えすぎたりしないし、森が沢山あっても酸素が増え続けない様にできているの。
だから、生物が飽きたり、マンネリしたりするのも、超自然的な状態なんだ。


でも、人間って自然が嫌いじゃないですか。人工が好きじゃないですか。
人工にも良い所があって、一度自然を壊して不自然な更地とかをつくると、
「このままじゃマズい!」ってみんな安定する為に、そこに住み着いて生産するんだ。
それはにぎやかな文化祭みたいなもので、その時のエネルギーって爆発的ですんごいの!
人間は不自然を好む生き物だから、そうやって急かして、一番活力のある状態をつくるの
が、人間の自然なんじゃないかなとも思うの。飽きない事が人間らしさかもしれないね。

Q.人間はわかりあえますか?

A.過去起きた事に関しては、わかりあえるよ!

お互いがわかりあおうと努めたら、必ず希望の深さまでわかりあうことはできるんだ。
でも、片方がはじめからわかりあう事をあきらめていたり、この程度わかりあえれば
十分だと感じたりすると、一部を脳内補完で補うから、どこかで誤解が生じてしまう。
深める気の薄い人ほど「わかりあえた!」という感動を体験しにくいみたいだね。


記憶力の良い人もいるけど、人間の記憶には限界があると思うんだ。例えば100記憶が
できるとして、100人に1づつ記憶をすると、広くて浅い人付き合いという事になり、
1人に100の記憶をすると、狭くて深い人付き合いという事になる。
どちらも一長一短だね。でも、そうやって付き合いの幅が違う人で溢れる世の中だから、
狭く浅くの人で溢れない限り、それなりに人間はわかりあえるものだと、私は思うよ!

Q.哲学って何ですか?

A.周りに流されない事みたいだよ!

多くの人間は「カテゴリーの世界」にいるんだ。「あれは赤である」「あれは丸である」
「赤くて丸いからリンゴである」ってな感じで。枠組みで枠組みを作っているだけなの。
脳細胞が赤ちゃんの時しか作れないから、枠組みだけ先取りする作りに進化したんだね。
でも、そのままでいると、知らない枠組みに混乱したり、例外の暗記に追われて苦しむ。
それがきっかけで、先取りした枠組みを参考にして、普遍の正しさを探すのが哲学だよ。


多くの哲学者は、既に知っている枠組みを構成し直して、軸がブレない様にしているよ。
少数の哲学者は、概念を作った祖先の動機に寄り添い、自ら自身を知ろうとしているよ。
前者は苦しまない事を正しさとしていて、後者は由来や原点を正しさとしているよ。
前者は結局独自の枠組みを作るけど、後者は枠組みを棄てて自ら概念を作り出すんだ

Q.どうせ死ぬなら無責任に生きていいですか?

A.いいわけないでしょ! \(^o^)/

責任感と良心ってセットになっているんだ。良心からズレた事をすると罪悪感が出るの。
つまり無責任を許容するって事は、良心に反した悪事を許容するって事になるわけなの。
そして、良心は自分らしさでもあるんだ。自分らしくあると、責任感が出るともいえる。
自分らしくない事をしていると、罪悪感が出るとも言い換えられるね。
世の中の悪の根本って全部それ。自分らしさに正直ではない事が、悪の本体って事なの。


責任の所在って、ごみ問題に近い所あるよね。埋め立てたり、燃やして空気に捨てたり、
どっかに押し付けて、誰の責任かもわからない状態になりながら、その被害は拡大する。
自分の90%が誰かのゴミ捨て場みたいになっていたら、自暴自棄にもなるけど、でも、
自分が誰かをゴミ捨て場にしていい理由は存在しない。されて嫌な事は誰にもしないで。

Q.自分の事が嫌いです、死んだ方が良いですか?

A.好きになれば死ななくていいわけじゃないと思うよ!

嫌いだろうが好きだろうが、生きているうちは生きていていいんだと、私は思うよ!
あと、嫌いって好きと似たようなもんだから! 好きの反対は無関心だそうだから!
凄く自分が嫌いな人ほど、凄く自分が気になって仕方がない人って事。
自分に興味のない人ばかりの世の中で、自分に興味のある人が死んだら、大損失だよう。


思春期って、物事を考え始める時期じゃないですか。大抵は10歳越えてからなるよね。
それまでに自分を嫌いになったら環境になじめないせいだよ。でもそれは正常な事なの。
環境に悪意はないし、なじめない人も悪くないの。将来花開く為のつぼみの期間なの。
思春期に入ると、自分の理想も出来てくる。それにそぐわない自分を嫌う事もある。
それは、理想を実現しないでいるか、できない理想を持っている人が悪いと私は思うよ!