ズバッとズキューン!のQ&A

わかりやすさと、ハートにズキューン!ってくる衝撃の、両取りを試みたQ&Aです。

Q.ドーナツの穴はドーナツですか?

A.そういうの何だっていいんだよ、マジで!!

物を解釈するのって人それぞれだから、脳内の事は個人が決めればいいんだと思うよ!
人間の腸内を人間の内部とするか外部とするかどうか、未だに論争があるくらいだし。
草の名前は学名とか和名とかあるけど、「よく見るあの草」でもいいじゃんよ。
JIS規格で宇宙が成り立っているわけじゃないからね。


でも、それだと誤解が生じるから、やっぱり定義は必要だ、と、今思ったでしょう?
残念な事に、言語による解釈は必ず誤解が生じるのです。避けられない宿命なのです!
必ず誤解が生じるなら、人と人はわかりあえないじゃないか、と思うかもしれないけど、
そうなんです、理知的な理解は不可能なんです。でも、感覚の共有は可能だから大丈夫。
「穴の開いた、ああいう形がドーナツ」っていう感覚は、全人類共通の感覚だよ!!

Q.学ぶ意味はありますか?

A.オリジナリティが必要ならあるよ!

教わるとは、生徒側と先生側がいた時、生徒側が先生側の強制力に屈する事をいうんだ。
先生側の脳内を、生徒側に丸コピーするって考えると、わかりやすいかもしれない。
先に生きた「先生」と、生きる道を探り歩く「生徒」の関係なら、それが適切なんだね。


それに対して学ぶとは、真似をして疑似体験をして、そこから何かを得る事をいうんだ。
学ぶ気さえあれば、対象は、動くものでも動かないものでも、何でも構わない。
感動してインスピレーションを受けて、世界が新しく見えたら、学べたって事みたい。


要するに、学ぶとオリジナリティが産まれ、教わるとそれらの交流ができるって事だね。
誰かの作品となって死ぬと決めたわけじゃないなら、何かしら学ぶ意味はありそうだね。

Q.宗教って何ですか?

A.わからない部分をお任せにするって事だよ!

世の中よくわかんない事ばかりだよね。自分の事も、機械の仕組みも、宇宙の外側も。
でも、無理に詳しくならなくても、「なんとなく」でどうにか生活できちゃうんだよね。
しかし「なんとなく」だと不安が消えなくて、それが気になり本気を出すのが怖くなる。
そんな不安や怖さをぬぐうには、「なんとなく」ではない、確定事項が必要なんだ。
そこで、根拠がわからずとも、エライ人がいった事を確定事項に決め込むのが宗教だよ!


教祖は本当に確定事項を見つけたのかもしれないけど、真実って伝えるの難しいからね。
やっぱり自分で確定事項を探さない限り、不安や怖さをぬぐいきれはしないみたいだね。


ちなみに、現代日本人は無宗教ではなく、「常識教徒」だと思うんだけど、どう思う?

Q.何で僕には恋人ができないんですか?

A.きっと、必要ないからだと思うよ、たぶんね。

恋人がいなくてしょんぼりしている人って、恋人がいれば人生変わるのにっていうけど、
恋人ができたらそれがあたりまえになって、次はお金があればいいのにっていうのよね。
誰かに恋人がいても、いた事のない君にはないものねだり、隣の芝生は青く見えるのさ。


恋人って、要は個人である事をやめて、ペアでいる事を基準とするって事だと思うんだ。
それは、誰かの特別になる責任をおうって事であり、結構重い決断だと思う。
一人では達成できない目標ができた時、初めて自分の隣に空席ができるんじゃないかな。
そして、足りていない所に誰かが入り込んでくる、それがご縁になるんじゃないかな。


個人になる為に恋人作る人多いけど、近い将来破局するから羨ましがらなくていいのよ!

Q.ゲームは一日何時間までですか?

A.不自由をくらった時間と、同じ時間までだよ!

偉い人は、ゲームは一日一時間というけど、それは身体の健康を踏まえた時間だよ。
精神の健康の為には、身体を不健康にしてでも、もっと多い方が良い場合もあるみたい。


人間は、仕方なしに嫌々何かをやらされると、やらされない事を求める様になるんだ。
利用された分と同じ量の利用されないですむ時間がないと、自由になれないみたいなの。
生産性がある事は、利用されなかったとしても利用価値のある事だから、実行は不能。
自分が誰かを利用する事も出来るけど、罪悪感あるし受刑のリスクがあるから避けたい。
とすると、誰にも迷惑をかけず、別段利用価値のないゲームが、良いあんばいなのだ!


でも、惰性で続けるとドツボに陥るから、キリの良い所で区切るのが良いと思うよ!