ズバッとズキューン!のQ&A

わかりやすさと、ハートにズキューン!ってくる衝撃の、両取りを試みたQ&Aです。

Q.わかんない事をいう奴がムカつきます、黙らせられますか?

A.わかんないなら黙って考えてみればいいと思うよ!

わかんない時にイライラするのはね、わからない事を持ち寄った人のせいじゃないんだ。
君が、まだ知らなかった事がある自分を、受け入れ難くてイライラするんだよ。
それから人によっては、相手の方が優勢だと感じた時や、知りたくない事柄だった時、
それを認めないが為に、わからない事にしておこうとする場合もあるみたい。
どうしても嫌なら、黙らせるより自分から距離とった方が確実だろうと私は思うよ。
中には同じ世界だと思わない事で、何かプラスになる事もあるかもしれないから。


わからない度にイライラするのは気の毒だから、わかっちゃうのが手取り早いと思うの。
一個一個わからないをわかるにしていけば、イライラする事が少なくなっていくから。
自分のわからない点を見つけて伝えたら、きっと相手もイライラせず解説してくれるよ!

Q.料理がうまく作れません、コツとかありますか?

A.ニンジン一本にも個性有り、とな。

最近の料理本って凝っているね。やる事が多くて楽しむ以前に作業に集中しちゃう。
「何故水につける?」「中火のままじゃ何故ダメなの?」などの疑問は愚問の様。
出来上がるものは華やかだけど、詳細不明のブラックボックス感が否めない。
大抵おいしいんだけど、腕のせいで不味くなっていそうで悔しいし。愛情も込めにくい。


農家さんや漁師の方は「そのままが一番」「さっと炒めて」等とおススメするのよね。
新鮮だったらそれが一番おいしいのかもしれない。
じゃあ料理って、不味い食べ物を何とか飲み込める様にする為にアレコレするのかな?
マイナスをゼロにする料理とゼロをプラスにする料理があって、前者ばかりが表に出る。
そうだとしたら、独学でもゼロをプラスする為に、お湯を沸かす事からやり直したいね!

Q.どうすれば痩せられますか?

A.太る原因をなくせばいいんだと思うよ!

生物には身体を正常に保つ能力が備わっているんだ。怪我が治るとかそんな感じで。
だから、どんどん太り続けてしまうっていうのは、本来ならありえない事なんだ。
その不自然さの原因は、痩せなくちゃっていうプレッシャーかもしれないし、
外的なストレスかもしれないし、その他本当に些細な事なのかもしれない。
でもそれがある限り、「健康的な体型」にはなれないという事。
不自然に不自然で対抗しても、また副作用的に新たな不自然が発生してしまうから。


私は薬物汚染されていない食品を食べ、自然に親しみ良く寝て排気ガスを避けていたら、
頭痛やだるさが改善して病気やストレスにも強くなり行動力も増して、健康になったよ。
原因はそんなインフラ部分にあるかも?あと痩せ過ぎも不健康だから気を付けてね。

Q.お金持ちになるにはどうしたらいいですか?

A.他者を能なしにすればいいんじゃないかな?!

根本の根本、自然界ではお金のやり取りをしないよね、各自が自給自足をしている。
まず、経済が回っていなくても、生き続ける事は可能だという事なんだ。
そして、例えば槍を作るのがうまい人と、メシを作るのがうまい人がいたとする。
その時、槍名人が槍を二本作り、メシ名人が二人分の飯を作れば「豊か」になるわけだ。
ヤドカリとイソギンチャクの共生の様なものが、経済及び物々交換の始まりらしいよ。


そこから考察するに、お金持ちって物凄い能力持っていないとなれないはずだよね?
でも人一人には限界があるから、大衆の能力を下げた事にして格差を作っているんだよ。
「一人前ってこれができる事だよ?」「これを持っていれば君でも一人前だよ」ってね。
ちなみに、FXや不労働所得は共生ではなく寄生、ヤドリギや回虫の様なものだよ!

Q.自分の周りにはバカばっかり、何とかなりますか?

A.本人のやる気が全て!

バカと一緒にいると自分もバカな気がするよね、実際にうつるから距離とるべきだよ。
人間は周りの影響を受けてしまうものだから「何とは付き合わない」ってとても大切。
相手も、別れという刺激で「今のままじゃ見限られる!」と奮起できるかもしれないし。


私の中の定義では、バカは理智性のなさ、アホは認知力の低さで区分されている。
バカは押し付けられた義務によって、アホは疲れや熱意の損失によって起こる。
義務を受けている人は楽な方に、自由な人は正しい方に傾くから、そこで見極められる。
だから馬鹿な人に「頑張ろうよ」ってすすめるのは、義務を余計に増やしちゃうんだ。
バカ対策には、相手にも自分にも自由を与えるといいと思うの。アホ対策に休養もね。
そして、永遠には別れずに、希望を捨てないでほしい。バカは一時的なものだから。