ズバッとズキューン!のQ&A

現在ナイス訪問返し読者登録閲覧休止中です。見にきてもらったのに拝見できずすみません。

わかりやすさと、ハートにズキューン!ってくる衝撃の、両取りを試みたQ&Aです。

Q.合成洗剤と石鹸って、どっちがいいんですか?

A.どっちも量の少ないのが一番いいよ!

耐久性を気にしなければ、何でもかんでも熱湯でいいんじゃないかなって思うよ!
昔からある陶器や綿繊維なら、水性汚れも油汚れも、本当にそれで十分なんだよね。
でも現代では、水を嫌う繊維や、熱やアルカリに弱い素材があるから、そうもいかない。
それらと付き合っていくなら、最低限で効率よくメンテナンスするのが最良だと思う。


合成洗剤のメリットは安価で中性、デメリットは皮膚に浸透するのと分解されにくい事。
石鹸のメリットは洗浄力の高さと分解されやすい事、デメリットは高価でアルカリな事。
そうすると、合成洗剤を使うなら、最終的に魚から洗剤成分を摂取する覚悟が必要かな。
とはいえ石鹸のメジャーな主成分のパーム油は原生林を破壊して畑が作られているし…。
安い消耗品といえど高級品として扱うべきものみたいね。てことはやっぱり量が大事!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。